対談シリーズ「日本を支配する悪魔と悪魔のくびきのその先へ」その7

対談
「最終知識」精神学を学ぶ人の道案内

前の記事↓


悪魔がとれた人がすごい創造力を発揮したのを見たのです。どうしたら悪魔がとれますか?

その悪魔をとるために、どこの悪魔を始末しなければいけないのかと言ったら、コンピューターを介して人間に入ってくる悪魔の大元を絶たないとダメ。

子供に入る悪魔は、コンピューター由来の悪魔(サイバー空間から子供に侵入する)がほとんどですよね。

今、コンピューターの悪魔の住処を探していてね、間もなく特定されると思う。

コンピューター用のイコンデバイスができたからですか?

(デバイスができたことと、大元の悪魔の特定は)セットだと思う。こんなにイコンデバイスが効くとは思わなかったから。

デバイス使用中にちょっと繋がってみたら、サイバー空間の中だと思うのですけれど、「ああ、綺麗になっているわ」って感じだったのです。(※AKIRAはエネルギーからビジョンや言葉を読み取ることがある)

今は実を言うと、事態はもっと深刻になっていてね。人間の身体が携帯電話化しているの。携帯電話が全く毒素を発していない状態の人にイコンデバイスをくっつけると、今度は人間の身体から闇がでるということが頻発したから。人間の身体が本体と同じ波動を共有しているの。

私の車は、私と波動を共有しています。イコンデバイスの開発者の方にその話をしたら、「車は人がより速く移動するための手段ですよね。携帯であればより速く考えるための手段。人間の能力を拡張しているものは、その人の延長上に何かができてしまう」と言っていて納得しました。

人間が携帯電話や車を自分の感覚器の1つにしてしまう、ということなのかな?

そうかも知れないね。眼鏡や車や飛行機とか。

じゃあ、例えば飛行機はパイロットの波動になっちゃうの?

旅客機は色々な人が乗るから影響を受けないけれど、戦闘機は完全に乗り手の波動とイコールだよ。

船は船魂があると言われていて、船の中には神棚がありますよね。あれはまた別の話ですか?

日本の船魂は本当にあるものなんだよ。船にも魂があるの。

この先に何が起きるのかというとね。現実世界におけるハルマゲドンは、限りなく可能性としては低いと思うよ。現実世界で核兵器でドンパチやるような世界は、ね。今度のコロナ騒ぎで、国家権力とメディアの権力が無力化するのよ。

(だから、プロパガンダによるハルマゲドンの実現は難しくなった…。)
オリンピックのことも含めて、色々あったせいで、ついに国民がメディアと政府を見放し始めたな、という印象はありますね。

それで、日本は滅びの方向に行きます。なんで滅びなくていけないかと言うとね、アメリカの支配下にある限り日本は奪われ続けるの。今までは日本には奪う物があったのよ。ここら先奪う物がなくなると何が起きるのかというと、世界経済が崩壊する。

その時に何が起きるのかというとね、中国経済が崩壊し、米国経済が崩壊する。でも私の仮説では、それでも日本人は今とあまり変わらずに機嫌よく暮らしていると思うよ。

コントみたい(笑)
なんだかんだ日本国民って優秀ですからね。皆で上手く回しそうですよね。

潜在的には、経済は崩壊するのは間違いないけれど、今の時点で多くの日本人は住宅ローンも背負って無いし。中国や米国の人との違いはね、日本人は大きな借金を背負って無いのよ。日本人が貯金をやめることによって世界経済は崩壊します。今の世界経済を支えているのって、実は日本のお金なの。

というと、貯金のことですか?

そう。日本国内に、日本のお金は一文も残っていないと考えた方がいいのよ。

(皆が銀行に預けたお金は)海外への投資に回されたと考えた方が良いのですね。

その日本のお金のおかげで、中国の経済成長があり、東南アジアの成長があったの。

日本のおかげで世界がここまで経済成長できてよかったね、ということでいいですか?

日本がSDGsに最大に貢献しているじゃないですか。

その歴史をやがて、通貨経済学者が正しく証明する日がくると思います。その時に今の世界の金融資本の仕組みは崩壊するの。

世界は、日本に多大な借りがありすぎるんじゃないですか?

けど、誰も払わないから。それに対して文句を言わないのが、日本人の良いところ(笑)

日本が世界のマネージャー的なポストだということですね。皆を育ててあげているじゃないですか。

その先に可能性として、次の時代の基軸通貨は新しい日本円にしましょうと。そういうことがあるかもしれないよ。

つまり、世界通貨経済の価値担保は実質日本が担っているのでした…。

次回は11月12日更新予定。お楽しみに!


次の記事↓

タイトルとURLをコピーしました