「難しい? 精神学と最終知識」その3〜絶対損なし! 精神エネルギーを学んでおくべき理由〜

「難しい? 精神学と最終知識」
「最終知識」精神学を学ぶ人の道案内

精神的エネルギーの波動が実社会に及ぼす影響は決して小さくはありません。現在は悪影響の方が大きいです。
にもかかわらず、このようなエネルギーの存在を否定し、無視することがデファクトスタンダードのような時代に私たちは生きています。

精神エネルギーは勉強や練習次第で容易に知覚できるようになりますし、エネルギーの悪影響を受けていると感知できれば、それに対して迅速に対処することも可能となります。
このエネルギーへの対処に関する知識・ノウハウについて、おそらく世界で最も正確に蓄積・記録し、伝えてきている学問が精神学です。

精神エネルギーへの対処法を知ることで、ならなくてよかった病気を避けたり、日々の出来事の中で余計な疲労や体調不良を軽減したり、無用な対人トラブルを避けられるといった具体的な効果があります。人生において悩んでいる問題の突破口に繋がることもあります。
また、精神エネルギーの影響によっては、お手持ちのスマートフォンから流れる音楽の音質まで変えてしまうし、コンピュータの動作性を低下させたり向上させたりもするのです。(時にはとっても痛〜いできものの痛みを軽減することも。場合によりけりですが、炎症にエネルギー面からアプローチをかけることで、痛みを軽減させることが可能です。)

せめて、精神エネルギーには清邪があること、ものや人体に時に深刻な影響を及ぼすことがあることを知ってほしいと思います。今まで、「なんとなく辛いけど、仕方ないな…」ですませていたこと、苦労していたことが、こんなことひとつで、楽になるんだ、という発見さえある世界です。

じゃあ、その精神エネルギー、どうやって勉強するの? 感じ方の練習方法は? と思われた人にお知らせです。
精神エネルギーに興味を持った人のために、今、それらの精神エネルギーを体験して学ぶことができるように、と、体験会が開催されます。

いまのところ、下記の通り、東京で毎週土曜日、4月17日から隔週で開催予定です。
※大阪・福岡でも今後開校を予定しています。

開催場所:SBM東京サロン
(101-0031 東京都千代田区東神田1-2-11 アガタ・竹澤ビル501室)

時間:土曜日 10:00-11:30(隔週開催)
参加費:5,000円(テキスト・教材付き)
参加申込:tokyo@shinlogy.com 高橋まで
告知:(以下引用)

日々の生活の中で、人は様々な影響を受け合っています。

安倍清明がいた平安時代は、
「あの人が私を呪っている!」と訴え出れば、
刑に処す事ができた時代でした。

また、防人ははるか彼方にいる人物と情報を交信する能力があり、
その土地を守るために役立てていたと言われています。

現代でも、身近な方に何かあった時に
信号をキャッチする事を『虫の知らせ』といい、
意識せずとも何らかの信号を受信し、
また自らも発信しています。

『呪術廻戦』という漫画に人気が出るように、
そうした目に見えない『波動』を意識的に察知して、
日々の生活を生きやすくするために、
今回の波動教室を開催する事にしました。

先日、講義を全3回で告知していましたが、
波動の本が完成しましたので、
予定を変更して1回完結で行います。
波動の本を皆様に進呈しますので、
ふるってご参加ください。

「波動の種類と特性」

人は昔から変わることなく、何らかの波動を心や体から発出し、また受信もしています。

まずは、純粋な各波動を知って頂き、どういった特質があるのかを身体と意識で感じて理解して頂きます。
質疑応答を織り交ぜながら進めていきます。
座学のみですので、用意して頂くものはございません。

知識として波動を学ぶと、意識が広がり、生活も知的なものに変わります。
ご興味のある方は、ぜひ、ご参加ください。

お申し込みは、tokyo@shinlogy.com 高橋まで。
お待ちしております。

整心整体SBM TOKYO SALONの研究室ブログ   SBM東京サロンWEBサイト

SBMサロンでは、精神学的なエネルギーアプローチにより、精神と身体のバランスを整えることができます。心も体もスッキリする上に、生活上、エネルギーの影響を軽減するためのアドバイスも受けることができます。鍼灸の施術と同じで保険は適用できないので、費用はかかってしまいますが、月2くらいで通うのがオススメだそうです(HAKU談)。

首都圏にお住まいの方は、ぜひ波動教室へのご参加をご検討ください。

(あ、ちなみに、私はSBMサロンにはいません。サロンの中の人は高橋さんという人です。)

次の記事 ⇒ 「難しい? 精神学と最終知識」その4〜エネルギーって、実は情報も持っているんです〜

タイトルとURLをコピーしました